読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の寝顔で反省会

日記帳です

魔法少女になりたかった。

最近毎朝幼稚園バスを待っていると、年少の長女と同じクラスの女の子が、私にプリキュアなるもののティッシュを見せびらかしてくる。毎朝である。よっぽどうれしいようだ。

わが娘は早生まれなので、まだそういった少女アニメ?の存在に気づいておらずまた何の興味もないしまじろう命の3歳児なので、娘に見せても反応が薄く、彼女は私に見せてくれるのだろう。

 

男の子は戦隊もの、女の子は魔法変身もの、昔から子どもの心をつかむものは変わらないんだなと思う。

 

私も幼少のみぎり、クリーミーマミやらひみつのあっこちゃんやらに憧れたものであります。

小学生高学年の頃はセーラームーンにはまっていた。いや、中学生になっても愛読していた。さすがに中学生になれば変身ごっこはしませんでしたが。

しかしうちの母親は、教員だったためか厳しい教育ママだったので漫画はちびまる子ちゃん以外は一切禁止であった。ちびまる子ちゃんには魔法や変身の要素は全くなく、大人になって読むと面白さも分かるものだがあの頃は夢見がちで妄想癖のある私の心は全く満たされなかった。

 

よって友達の家に行って漫画を読ませてもらったり、内緒で借りて読んだりした。

幸いに?母は仕事で多忙だったのでこっそりテレビも視聴した。

 

そんな母の教育方針が影響してか、大人になっても漫画を日常的に読む。読みたい。

読まずにはいられない。妹弟も同じである。大人になって漫画の自由をえたわが兄弟たちは、3人そろうと漫画の話ばかりしている。実家は漫画だらけである。

 

わが娘が近い将来、いやもう半年後?とかにプリキュアアイカツ!と言い出したら節度を持って視聴させたいと思う。

思う存分空想の世界で魔法少女になればいい。若干秋葉臭のする絵面は気に入らないが、節度を持ってグッズも買ってやろう。しかし被服に関しては勘弁してほしいなあ。噂によるとカードも必要?うげー、ビックリマンみたいだな!

節度って難しいなあ。

 

しかしティッシュくらいで喜んでる子供が本当に可愛い。

うちは駅で配られていたパチンコ屋のティッシュを持たせていたので、ちょっと反省して今日は100均でキティちゃんのポケットティッシュを買ってきた。